車を高く売るために覚えておきたいこと

うっかり車検を切らしている車は査定をどうしたらいいかというとむろん、査定を受けるのに問題はありませんが、しかし車検切れの車は公道を走ると法に触れますので、出張査定を受けることになります。

お金をかけて車検を通し、それから売ることを考えるより、車検切れのまま売ってしまう方が車検に使うお金が無駄になりませんし、きっぱり出張査定を受けてしまうのが良いです。

そしてこんな時も一つの会社に査定を頼まずいくつかのところで査定を受けるようにすると少し面倒に思うかもしれませんがメリットは大きいです。

車の査定は走行した距離が少ない方が査定にプラスとなります。

走行した距離が多い方が車の状態が悪くなるからです。

そうではあっても、走行距離のメーターをいじってしまうとサギとなるので、走った分はもうどうしようもないです。

次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて余分な距離を走らないようにした方がいいですね。

 

当たり前のことですが車の査定額というのは買取業者によって変わります。

納得のいかない値段で売ってしまうことのないよう、業者をあわてて決めずに見積もりをいくつもの業者から出してもらうのがよいでしょう。

ただし、ネットを利用して手に入れた見積もりと車を見て業者が実際に出す査定額とは違ってきますので、そこは気を付けておきましょう。

まれに、ネットの見積額は高く出して、実際に出してきた査定額は相場以下に落ちているという悪意のある業者も少数ながら存在しています。

 

車の査定を受ける時は、手間をかけてもスタッドレスタイヤをつけたままにするのではなく、標準のタイヤに戻しておきましょう。査定を行う時、スタッドレスタイヤはマイナスになるものです。

もしも、状態が良いのであればスタッドレスタイヤごと買取を行ってくれる場合もあるかもしれませんが、溝が走り過ぎてない状態だと、処分するためにお金が必要となる場合もあります。